KLX125の慣らしも、あと、もう少し。 

走行距離が、0~1,200km程度で感じた点をまとめておく。

KLX125を特徴ずける横顔



私はKLX125を買った時の、一番のお気に入りが、この横顔だ。

尖った感じ。

セローをはじめ、日本のオフ車で、この部分でカッコ良さを表現できた車種は

そう多くない。セローが買えなかった最大の理由だ。

セロー


そのセローもいよいよ生産終了。

てか、今日、ヤマハのホームページ見たら、全オフ車が生産終了になってた。






下記のKLX125に関する記事は、

読んでいて、フムフムと納得がいく点がおおかった。

間違いだらけのコミューター選び KLX125

注目する点は、ヤマハ・セロー250やXTZ125Eとの比較だ。

物の良し悪しを語る上で、

何が良いのか、何が悪いのかという点があいまいだと分かり辛い。

が、この方の記事は、そういう点で非常に分かり易かった。

誰かの記事をそのままコピペしたような記事とは違う。

本物だ。


おっと、出かけなきゃ。

今日はこの辺で。




ただ、今日は、そういう先入観を抜きにして、自分の意見を書き残しておきたい。

というのも、そういう感覚は乗り込む程に変わってくる物だからだ。



たとえば、KLX125のシートは非常に評判が悪い。

どの人も、お尻が痛くなりことばかり書いてある。

実際に痛い。

KLX125シート


ただ、私の言いたいことは、ここからだ。

まだ0~1,200km程度しか乗って無いので、

このバイクの本当の良さが分かった訳ではないと思っている。

しかし、こういう乗り物というのは、付き合っていく内に、

少しづつ、感じ方も変わってくるものなのだ。

なじんできたり。

慣れてきたり。

KLX125のシート

で、シートだけど、だいぶ慣れてきました。

痛くなくなってきた。

と言うより、痛くなる前に少しお尻に位置をずらしたり、

工夫をすれば、大丈夫であることが分かった。

先日、往復140km程度の日帰りツーリングでも、

なんとか痛くならずに済んだ。

たぶん、自分の身体も慣れたのではないかと思う。


KLX125の記事をかかれる方の多くは、

初期の段階で、まだ自分の身体が慣れる前のことを書いているのではないだとうか。

私はそのように思えてきた。

そのツーリング中に、Yamahaのスクーターに乗ってた人は、

中盤から腰の痛みを訴え出していたが、

やはり、ライディングフォームによって、

身体の痛みは抑えられる気がする。

自転車のロードレーサーやマウンテンバイクをそうだ。

始めはお尻が痛くてしかたない。

が、その内、だれからか、ちゃんと正しい座り方を教わり、

何時しか、痛みが軽減したり、感じなくなっているのだ。

それと同じ。

だと思う。