先日の奥武蔵ツーリング、

動画の中でもKLX125はPCX150 においてゆかれていた。

まぁ~排気量の差と言ってしまえば、

それまでなのだが・・・・



あの時も、その話題になり、

PCXの方が

「それは、こういうのも失礼なんですが、カワサキだからでしょ。」

と言われ、少しカチンときていた。

お前にカワサキの何が分かるんだ。

慣らしが終わったら、本気バトルで決着をつけようじゃないか。

荒れた路面のターマックで。(ニヤリ

錆びたガードレールの苦さを教えてやる。

まぁ~それは冗談ですが・・・

その差を客観的に比較しておく必要がある。


そもそもオフ車とスクーターの比較なんてナンセンスだということも分かっています。

でも、とりあえず、簡単なスペック比較表を作ってみました。

(追加でGROMも入れてみました)

メニュー KAWASAKI
KLX125
HONDA
PCX
HONDA
PCX150
HONDA
GROM
販売価格 348,840円 329,400円 360,720円 351,000円
車両重量 112kg 130kg 131kg 104kg
シート高 830mm 760mm 760mm 760mm
全長 1,980mm 1,930mm 1,930mm 1,755mm
軸間距離 1,285mm 1,315mm 1,315mm 1,200mm
ホイールサイズ 前 19
後 16
前 14
後 14
前 14
後 14
前 12
後 12
最高出力 7.5kW(10PS)
/8,000rpm
8.6kW(12PS)
/8,500rpm
10kW(14PS)
/8,500rpm
7.2kW(9.8PS)
/7,000rpm
最大トルク 9.8N・m
(1.0kgf・m)
/6,000rpm
12N・m
(1.2kgf・m)
/5,000r/min
14N・m
(1.4kgf・m)
/5,000r/min
11N・m
(1.1kgf・m)
/5,250r/min


ツーリング前にも、自分なりにこのスペック差は把握していました。

某YouTubeの中でも、PCXより遅いという噂があったからだ。

まず、KLX125がPCX150に置いてゆかれた原因のひとつとして考えられるのが、

車輪の大きさの差だ。



単純なイメージとして、次の状況を比較してもらいたい。

同じ馬力のエンジンで、大きな車輪を回すのと、小さな車輪を回すの。

どっちが早く回せる。どっちが楽に回せる。

まず、その差が出ていたのではないか。

そもそも、小さな馬力同士の比較なので。




ここで、よく登場するホワイトベースの二宮さんの言葉を借りると、

そもそもオフ車といっても、いろいろあるけど、

基本は、軽くて、非力なエンジンに、ストロークの長いサスペンション・・・


と表現されていた記憶がありますが。

車両重量の比較でも、KLX125はかなり頑張っている数値だと評価しております。

重い車輪、長いサスペンションと、重量が嵩むパーツを持ちながら、

堂々の112kg

なぜ、オフ車のエンジンが非力なのか。

その理由の1つに、エンジンを軽くする目的があるからだというのが、

二宮さんの答え。

高性能エンジンってのは重い。

高性能にするための部品がくっついてるから。

だから、オフ車ってのは、軽さを取るか、馬力を取るかって時に、

軽さを選択するらしい。飛んだり跳ねたりするからね。

また、転倒した時のダメージも軽い方が軽減される。


山ン中に入ったら、兎に角、転倒する。(立ちゴケも含めて)

だけど軽量化ってのは、本当に難しい。

自転車の世界では、1gあたりの軽量化にかかる改造費が1万円て言ってた先輩もいた。

1997年代、スズキにDF125Eというオフ車があったんだけど、

この乾燥重量が114kg 総重量は不明。

とまぁ~KLX125より少し重たそう。

単純に重量だけで見ると、そう変わらなさそうに見えるが、

実は、フレームの構造がまったく違う。

KLX125の方が、今時のモトクロッサーそのものの構造をしていて堅固なのだ。

だからフレームはDF125よりも剛性が上がってるぶん重いはずなんだけど
この車重ってのがカワサキの凄さ。


そう、憶えてますか!

KLX125はKLX140Lという北米で売られているモトクロッサーの多くの部品を

流用し、125ccにデチューンされたモデル。

つまり、125cc用の専用設計ではない。

そういった意味ではPCXも同様のことが言えるかもしれないが・・・



そこで、追加で並べたのが、GROM

KLX125よりも8kg軽い。

流石、全てが専用設計!

たかだか10馬力程度のバイクにとって8kgの車重差は大きい。

加速する、とまる、曲がる、全てにこの車重差のアドバンテージが出ることであろう。

そして、GROMは更に車輪が小さい。

ただ、車輪が小さいと・・・

こんなことも(笑



という訳で、結論からすると、

おのおののバイクには、それぞれの長所があって、

使い方にあわせ、選択されるべきだとおいうことかな~

PCXも標準で、アイドリングストップが付いていたり

USBの電源がついてたり、超燃費タイヤが付いていたりと

現代的なスクーターのお手本のような1台。

でも、私が欲しかったバイクではない。


カワサキがなぜ、スクーターを作らないのか。

それは、女、子供の乗物だからだ。

「漢のKAWASAKI」は不滅です。