先日の奥武蔵に撮影にいく最中、

KLX125の2段階慣らしの最終を迎えました。

IMG_4490


けっこー時間かかった気がするけど、

これも長く付き合うために必要なこと。

やっと制限が外れたっこともあって、

7,000回転より上を回してみると。



 


8,000~9,000回転は今までとは違う領域。

1段階慣らし期間、5,000回転までの縛りがあった時は、
正直、幹線道路の走行は危険でした。

2段階慣らし期間、7,000回転までの縛りとなると、
もうほとんどこれで十分というくらいの走行が可能でした。

で、今回ですが、8,000回転を超えるとエンジンの振動が
ハンドルにも伝わり、8,000~9,000回転付近で走行してると、
手がかなりしびれます。

長くその状態で走ってると、握力にも限界が生じ
手がつります。

10,000回転くらいまでは回りました。
凄い。SOHCのエンジンで10,000回転なんて。

IMG_4491

小排気量のバイクながら、カワサキっぽい男らしさがありました。
やっぱ、このバイク最高です。

当初、シートの硬さからか、お尻の痛みに悩みましたが、
慣らしが終了する頃までには、シートもなじんだのか、
痛みは消えました。
足回りもなじんだようで、足つき性もよくなり、
ほぼ、ベタ着き状態になりました。

今回、ベタ着き状態でなかったら、間違いなく転倒していたでしょう。
なんせ、ぬかるんだ降りで、フロントタイヤがロックし、
あやうく谷底に転落という場面もありましたから。(汗
あれ、250ccのオフ車だったらアウトでしたね。マジで・・・・